クーペはボディラインとスポーティさが魅力で人気があります

いろいろあるクルマのスタイルの中で、もっとも美しいボディラインを持っているのがクーペでしょう。後席が狭いなど実用性の面で劣るために購入者は限られてしまうのですが、もし事情が許せばほしいと思っている人も少なくないはずです。4ドアセダンなどは、まず人が乗るキャビンを広く取るということを優先してデザインされているために、クルマの前後に伸びやかで流れるようなラインにし難いデメリットがあります。しかし、キャビンスペースを割り切って、2ドアボディにしてしまえば、優雅で流れるようなデザインが可能となるのです。テーブル

また、このデザインはスポーティさも魅力です。多くの人がイメージするスポーティなクルマのデザインが、まさにこれということです。実際に、見た目だけではなく、本格的なスポーツカーと比べると劣りますが、普通のセダンと比べると、ハイパワーエンジンを搭載していることが多いです。しかし、足回りはしなやかなセッティングにしていることも多く、スポーティでありながらもラグジュアリー感もうまく演出していることが多いです。若いカップルが乗るのも良いですが、子どもも独立し、時間と経済的にゆとりのある熟年の夫婦が乗るのも似合いますね。