ハッチバッククーペの魅力

セダンやSUVが全盛であり、ハッチバッククーペは販売がとても少なくなっています。この形状はクーペのスポーツカーとしての動作性能にハッチバックの利便性を追加したモデルです。ハッチバックの利便性は追加されていますが、車内はそれほど広くありません。これは走行性能を優先したために車高を低くしているからです。ただし、クーペの運動性能はデスク01とても高いのでハッチバック後部ドアの開け閉めが使いやすいことを追加することで使い勝手が良くなると言われています。海外の高級スポーツカーに採用されていることが多いのですが、日本でも開発が進んでいると言われています。運動性能については主に重量配分でメリットがあります。車の重量配分は5対5が理想と言われていますが、真ん中にエンジンを置けないFF、FRではクーペモデルを利用することで重量配分が理想型に近づきます。通常、ハッチバックでは重量配分が前側に移動してしまいますが、クーペの良さを取り入れたことで使い勝手の良い重量配分の良い車ができます。実際に走行してみると重量配分がしっかりしている車は取り回しがよく、コーナリング時の安定性も格段によいようです。また、ハイパワーエンジンを積むこともできるので車の開発がよりし易いとも言われています

Filed under: 未分類 — hikari 2:00 PM